感謝のことば
学校法人萌明学園 春光幼稚園 園長 田中靖子
凛とした梅咲く2月、その気高さに思わず枝を見上げます。
春光幼稚園は、創立60周年を迎えました。
戦後8年目に開設されたこの幼稚園は木造園舎で、備品も不十分な状況でした。
創設者田中春雄前園長と大神田貞英前後援会長は「幼い魂を真直ぐに誤りなく育むにあり。丈夫な根よ、育て」との建学精神を柱として、教育を推進してこられました。
そして、保護者の皆様は、芽生えたばかりの幼稚園に惜しまぬご支援をくださいました。
その時から、春光は60年を歩んでまいりました。社会の流れは大きく変化を続けております。
物質に恵まれ、便利さが 優先されるようになったころより、気力・体力・命の重みが希薄に考えられるようになってきました。
「丈夫な根を育てる。」幼児教育の環境も心許ない感じとなり、「幼稚園教育の積極的なあり方」を問い、 大神田賢次理事にご示唆をいただきました。
そしていま、「徒歩通園の安全確立。園内給食の実現。幼児の天賦の自然の発達を尊重し実現させる。地域に生きる。」幼稚園を築いていこうとしております。
幸い保護者の皆様のご理解と地域の方々の深いご理解とご支援を戴きながら、お陰様で60年に亘り、この地に存在できましたことを心より感謝申し上げております。